小編成ええとこどり2『「魔女の宅急便」コレクション』

新商品 おすすめ商品 限定品

¥ 2,619 税込

商品コード: YGMO-2008

数量

小編成ええとこどり2『「魔女の宅急便」コレクション』 (送料込み)

待望の第2弾が遂に登場!
小編成ならではの機能性を活かした作品を『ええとこどり』!

 人気の高い小編成ええとこどりの第2弾が満を持して遂に登場です!今、日本では年々小編成のバンドが増えている中、一昔前に比べ小編成に対応した作品も増えてきています。今回も実際にオオサカンが小編成で演奏し、収録した作品ばかりを1枚にまとめました。
根強い人気を誇る『バンドのための民話』『ホープタウンの休日』や、大編成でグレードの高い作品が有名なクロード・トーマス・スミスの小編成でグレードの低い『アレグロとインテルメッツォ』といった海外の旧譜。小編成バンドに人気の高い、櫛田月失之扶、後藤洋、福島弘和、福田洋介の作品や、最少15人でも演奏できる広瀬勇人の新曲『河辺に咲く花たち』といった邦人作品。タイトル曲でもある『「魔女の宅急便」コレクション』は子どもたちに大人気のジブリ映画「魔女の宅急便」のストーリーを思い出させる素晴らしい編曲作品です。今回収録されているどの作品も小編成ならではの機能性を活かした秀作ばかりです。
オオサカンは小編成バンドの活動を全力で応援しています!小編成、万歳!!

【ご購入に際して必ずお読みください。】

※ご注文に際しましてご使用いただくメールアドレスは、携帯メールのアドレスを避け、PCのメールアドレスをご使用ください。
※携帯のメールアドレスをご使用の際には、PCからのメールを受け取れる設定をお願いいたします。
※Gmailアカウントをお使いのお客様は、弊社からのメールが「迷惑メールフォルダ」に紛れ込む可能性がありますので、そちらの確認もお願いいたします。
※hotmail、outlook、aolのメールアドレスをお使いのお客様は、メールが届かない可能性が高いので、別のアドレスをご用意ください。

【収録曲】

【1】ホープタウンの休日/スティーブン・ライニキー 作曲 6:22
 Hopetown Holiday / Steven Reineke
【2】雪月花〈2011年版〉/櫛田 月失之扶 作曲 8:31
 SETSU-GETSU-KA / KUSHIDA,Tetsunosuke
【3】てぃーちてぃーる ~沖縄民謡による~〈吹奏楽版〉/福島 弘和 作曲 7:02
 Teachi-tearu -Based on Okinawan Folk Songs- for Wind Ensemble / FUKUSHIMA,Hirokazu
【4】バンドのための民話/ジム・アンディ・コーディル 作曲 5:47
 Folklore for Band / Jim Andy Caudill
【5】スプリング・セレブレーション/後藤 洋 作曲 2:45
 Spring Celebration / GOTO,Yo
【6】アレグロとインテルメッツォ/クロード・トーマス・スミス 作曲 6:59
 Allegro and Intermezzo (A Concert Overture) / Claude Thomas Smith
【7】河辺に咲く花たち/広瀬 勇人 作曲 8:06
 Flowers by the River / HIROSE,Hayato
【8】レイク郡の風景/ロバート・シェルドン 作曲 4:06
 Lake County Landscapes / Robert Sheldon
【9】天神ぷれりゅーど/福田 洋介 作曲 6:29
 TEN-JIN Prelude / FUKUDA,Yosuke
【10】「魔女の宅急便」コレクション/久石 譲、荒井 由美 作曲(福田 洋介 編曲) 8:26
 "KIKI's Delivery Service" Collection / HISAISHI,Joe and ARAI,Yumi (arr. FUKUDA,Yosuke)
晴れた日に~仕事はじめ~海の見える街~旅立ち~やさしさに包まれたなら

■フィルハーモニック・ウインズ 大阪

1999年に設立。2006年日本初のNPO法人のプロフェッショナル吹奏楽団となり、2011年に豊能町教育委員会と「教育・文化・芸術等の振興」に関する協定を結び、豊能町立ユーベルホールを本拠地として活動している。
いずみホールでの「定期演奏会」を中心に、吹奏楽の新たな可能性を追求し続け、様々なレパートリーを意欲的に取り入れた演奏会を多数企画・実施。特に、毎年11月に無料開催している「秋の音楽会」には2000人を超える聴衆が集まっている。一方、CDレコーディングも積極的に行い、「オオサカン・ライブ・コレクション」や「ええとこどり」シリーズなどが、「月刊レコード芸術」誌において特選盤に選ばれるなど高い評価を受けており、リリースしたCDの枚数は50枚を超えている。2014年には世界最大のレパートリーを誇るクラシック音楽レーベルNAXOS(ナクソス)より日本の吹奏楽団として初めてCDがリリースされる。2020年1月に自主レーベル「Osakan Recordings」を立ち上げた。
2009年に初の海外公演となる「第14回世界吹奏楽大会(WASBE)」(アメリカ・シンシナティ)にアジア代表として出演。2018年5月に開催された「第49回日本吹奏楽指導者クリニック」のファイナルコンサートに出演。また、2019年12月に開催された「第73回ミッドウエスト・クリニック」(アメリカ・シカゴ)のファイナルコンサートへ招聘を受け、クリニック史上最高の公演と称賛を得た。
2005年より元大阪市音楽団団長の木村吉宏が音楽監督に、2011年からオリタノボッタがミュージックアドバイザーに、2013年からヤン・ヴァンデルローストが首席客演指揮者に、2018年1月に松尾共哲が正指揮者に就任。
世界的にもその活躍に注目が集まる交響吹奏楽団である。

【CD詳細】

指揮:松尾 共哲(当団バイスコンダクター)
演奏:フィルハーモニック・ウインズ 大阪
録音:2014年3月11・13日
   豊能町立ユーベルホール
品番:YGMO-2008