「シュピール室内合奏団」9人のメンバーご紹介

大岡 三佐子   大岡 三佐子(フルート)
神奈川県出身。
洗足学園音楽大学を優秀賞を得て卒業。
第14回日本フルートコンベンションコンクール・ピッコロ部門第2位。第15回大阪国際音楽コンクール・デュオ部門入選。2010年大韓民国文化庁主催2010Korea International Wind Band Festival 参加。
これまでに菅原潤、真鍋恵子の各氏に師事。パウル・マイゼン、フェリックス・レングリ、ハンス・ゲオルグ・シュマイザー、ヨシ・アルンハイム、クレア・サウスワース各氏のマスタークラスを受講。
オーケストラ、室内楽、ソロでの演奏活動の他、後進の指導も行っている。横浜市民広間演奏会会員。
倉 愛花理   倉 愛花理(クラリネット)
鹿児島県出身。
東京音楽大学音楽学部卒業。 尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアールディプロマ科修了。
第29回鹿児島県高等学校音楽コンクール木管楽器部門金賞
第12回浜松国際管楽器アカデミーにてクロード・フォーコンプレ氏に師事。2007,8,9,10年とチャールズ・ナイディック、大島文子両氏によるクラリネットセミナーを受講。第35回日本アカデミー賞で最優秀作品賞など10冠を獲得した2011年公開の映画『八日目の蝉』のバックミュージックに参加。2015年公開の『ソロモンの偽証』でクラリネット指導を担当するなど数々の映画に関わる。
これまでにクラリネットを藤井一男、三界秀実の各氏に師事。現在、シュピール室内合奏団他、室内楽、吹奏楽、オーケストラ、スタジオ録音等、演奏家として幅広く活動しながら、池袋クラリネットオーケストラやミュージックスクールステラの講師も務める。
國末貞仁   國末貞仁(サクソフォン)
香川県出身。
東京芸術大学卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。
第4回若手奏者のためのコンペティション第1位。第22回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第3位入賞。第3回ブルーポラリス賞優秀個人賞、平成 21年度香川県文化芸術新人賞受賞。
「The Last Country」(ソロアルバム)、「Saxophone Renaissance」(Quatuor B・レコー ド特選盤)を始め多数の CD をリリース。
あんさんぶっかけ・さぬき座座長、板橋区演奏家協会理事を務めるほか、Quatuor B、Quintet CIRC、Trio YaS-375、Saxofox、Saxaccord、Sherpas、Knockout Brass、雷神の各メンバーとして全国各地で全国各地で幅広く活動している。
サクソフォンを西宇徹、須川 展也、石田智子、二宮和弘、冨岡和男の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。洗足学園音楽大学講師、高 松市観光大使、2014年4月より京都市立芸術大学講師に就任。
椿義治   椿義治(サクソフォーン)
神奈川県出身。
横浜市立戸塚高等学校、エリザベト音楽大学を経て、同大学院音楽研究科修士課程修了。
卒業演奏会、日本サクソフォン協会「新人演奏会」はじめ他多数出演。
サクソフォンを宮田麻美、宗貞啓二の各氏に師事。ジャンルや形態にとらわれず様々なアーティストと共演を重ねるなかで、独自の視点からサクソフォンの新たな可能性を探究している。2012〜2015年横浜市鶴見区民文化センターサルビアホールレジデントアーティストを経て、現サルビアアーティストバンク登録アーティスト。
サックス&ギターデュオ「Travessia」サクソフォン奏者。横浜市立戸塚高等学校音楽コース非常勤講師。
加藤亜祐美   山口祐貴子(ホルン)
佐賀県出身。
佐賀北高等学校芸術音楽コースを経て、国立音楽大学演奏学科を卒業。
在学中、学内オーディション合格者によるソロ・室内楽定期演奏会に金管五重奏、 木管六重奏で出演。
これまでにホルンを山口隆文、大野良雄、西條貴人、日高剛の各氏に師事。現在、フリーランスのホルン奏者として室内楽、吹奏楽、オーケストラ等での演奏活動や、小中高生への指導も行っている。ハーツ・ウインズ、ブラスアンサンブル“VALLISE”のメンバー。

安東京平   安東京平(ユーフォニアム)
北海道出身。
国立音楽大学を矢田部賞を受賞し卒業。ロームミュージックファンデーション奨学生として、アメリカアラバマ大学大学院 修士課程修了。
これまでに三浦徹、竹内広三、Dr.齋藤充、Dr.Demondrae Thurman、ヒロ野口の各氏に師事。第24回日本管打楽器コンクールユーフォニアム部門第1位、第25回ファルコーニ国際ユーフォニアムコンペティション第1位ほか入賞歴多数。ユーフォニアム・テューバ四重奏“Boreas Quartet”、“Euphonium Tuba Collective”、"ファンカル"のメンバー。Blitz Philharmonic windsユーフォニアム奏者。
国立音楽大学非常勤講師、聖徳大学付属取手聖徳女子中学校・高校兼任講師、桜美林大学非常勤講師、東北学院大学シンフォニックウィンドアンサンブルバンドトレーナー。
  本橋 隼人(テューバ) 
東京都出身。

シュピール室内合奏団主宰。
洗足学園音楽大学を優秀賞受賞し卒業。 卒業演奏会出演。在学中に洗足国際交流演奏会に出演し Canadian Brass と共演。東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現尚美ミュージックカレッジ専門学校)コンセルヴァトアールディプロマ科修了。 同校ソリスト選抜フレッシュコンサート出演。
第2回サンタンジェロ音楽コンクール金管部門第3位(最高位)等多数入賞。並びに受賞者演奏会、新人演奏会等多数出演。第13回浜松国際管楽器アカデミーに参加。講師推薦プレミアムコンサートに出演。
Tiaa produce 主催コンピレーション CD アルバム「Traveling~記 憶に残る情景~」に「テューバとサクソフォンカルテットのためのジャズクインテット」で参加
現在、 大手テーマパークバンドに所属し、レギュラーショー、イベントに出演中。また、CM、レコーディ ング等に参加。
テューバを稲川榮一、池田幸広の両氏に師事。TUBA DUO TITANSのメンバー。

  新居 由佳梨(Piano) 
大阪府出身。

東京芸術大学音楽学部、及び同大学大学院修士課程を経て、スイス国立ジュネーヴ音楽院修了、ソリストディプロム取得。
第7回イタリア・モノポリ国際ピアノコンクール第3位、第11回摂津音楽祭コンクール金賞、第10回宝塚ベガ音楽コンクール第2位、第69回日本音楽コンクール入選ほか、国内外のコンクールでの受賞多数。
オーケストラとの共演の他、ヨーロッパでのピアノフェスティヴァルやリサイタルシリーズに出演。
帰国後は、スタインウェイ・ジャパン社によるYoung Virtuoso Seriesにおいて全国各地でリサイタルを行っており、スタインウェイレーベルよりCD「メランコリー」をリリース。シャネル(株)「Pygmalion Days」シリ−ズ2007年度アーティスト。
著名な演奏家との共演やレコーディングも多く、2009年には伝説のヴァイオリニスト、イダ・ヘンデルとの共演CDをリリース。第76回及び第79回日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門にて共演賞受賞。
東京芸術大学弦楽器科伴奏助手を経て、現在、東京芸術大学管楽器科伴奏助手および洗足学園音楽大学ピアノ科非常勤講師。 スタインウェイ・アーティスト。

高橋 宏樹   高橋 宏樹(作編曲家)
東京都出身。
パンスクール・オブ・ミュージックにて映像音楽やポップス理論などを 学ぶ。主に吹奏楽曲や管楽アンサンブルの作編曲をしている。その他ポップスの編成 やオーケストラの編曲なども手がけている。ピアノやキーボードのサポート、鍵盤ハ ーモニカなどプレイヤーとしての活動も行っている。ズーラシアンブラス契約作編曲家。
主な吹奏楽作品:行進曲「勇気のトビラ(2014 年吹奏楽コンクール課題曲)」「オーディナリー・マーチ」「アミューズメント・パーク組曲」「サーリセルカの森」「流星の詩」など。 主なアンサンブル作品:「文明開化の鐘」「グリムの古城」「アマンド・ショコラ」「The Times」「3つの魔法」「月明かりの照らす3つの風景」など。
ひろきさんの家 HP http://www.hiroki-san.com/