リンゴ追分 for トロンボーンソロ&ピアノ

¥ 1,188 税込

商品コード: ASKS-SL01

数量

【リンゴ追分 for トロンボーンソロ&ピアノ】

  この曲を編曲したのは学生時代。ピアニストである岡田照幸(おかだてるゆき)氏がプロデューサーとなって、函館市民会館での「第4回青函ツインシティー音楽祭」(青森と道南の若手演奏家のためのコンサート)が開催された。そのコンサートの企画段階で岡田氏から、私と同い年の弘前のトロンボーン奏者、築舘 恒(つきだてひさし)氏のために、と編曲を委嘱されたのがきっかけである。ピアノは岡田氏が担当し演奏、好評を博した。
 その後、築舘氏が出演するコンサートでたびたび演奏され、プロのトロンボーン奏者である和田美亀雄氏(元新日本フィルハーモニー交響楽団団員、現在国立大学法人弘前大学教育学部教授。日本トロンボーン協会会員、日本管打・吹奏楽学会会員、国際トロンボーン協会会員)にも絶賛をうけ、氏のコンサートでも演奏、プロのトロンボーン界で密かに流通していた。また、サックスや尺八など、メロディー担当楽器を置き換えた演奏も行われ、いずれも好評を得ていた。
 恩師である島 一夫(しまかずお)氏(国立大学法人弘前大学教育学部准教授)より、編曲当時から再三出版を促されていたが、この夏(2011年)、TwitterでASKS Windsさんと出会い出版を打診したところ、御担当者が私と同姓同名(! 漢字は違いましたが)ということもあってか、トントン拍子で話が進み、このたびの出版と相成った。
 編曲にあたりテンポは殆ど変更しなかったが、原曲の特徴であったギャロップ的リズムを、ピアノの左手に寄る伴奏にほのかに感じさせる程度にし冷静に、右手は感情の起伏を表すような静かな激しさをもつ。少々ジャジーな感じで演奏して欲しい。トロンボーンはあまり感情移入せずに、淡々としたところに原曲の歌詞の悲しさを求めた。感情を圧し殺して故郷を離れなければならなかった心境。その分、音色に気を配って欲しい。
 中間部のピアノのメジャーコードでフェルマータのところは、原曲とはキーが変わっているが、あえてメジャーコードにすることで青空に映える岩木山とリンゴ畑の風景を表し、そして、ピアノもトロンボーンも音が消えるぎりぎりまで延ばすことで、ゆっくりと遠ざかっていくふるさとの面影を表現している。
 曲の最後はルバートで、奏者の息を合わせて、納得のいくまでフェルマータして欲しい。
 なお、演奏会等のプログラムに掲載される場合は、編曲者名も明記することをお約束して頂きたい。(盛 謙司)

c 1952 By Columbia Songs,Inc.

楽曲詳細

♪ 作品種類 トロンボーン・ソロ
(ピアノ伴奏付き)
♪ 編 成

Trombone × 1
Piano × 1

♪ 作曲者 米山正夫
♪ 編曲者 盛 謙司
♪ 制作年 1995年
♪ 難易度 トロンボーン G3
ピアノ G5
♪ 演奏時間 約3分
♪ 初演情報 1996年3月16日
函館市民会館
「第4回青函ツイン
シティー音楽祭」
トロンボーン:築舘 恒
ピアノ:岡田照幸
♪ 参考音源 参考音源はこちら!
♪ 購入方法

当サイトの楽譜販売は、
PDFデータによるデジタル
販売となります。
お客様が印刷をしたうえで
ご使用いただくことに
なりますので、予め
ご了承ください。
ご購入お申し込み確認後、
今後の手順につきメールにて
ご連絡申し上げます。

サンプル譜面の閲覧のご希望はこちらまで!!

本楽曲譜面を閲覧希望の方はこちらからメールにてお知らせください。

【フリーメールアドレスをご使用のお客様へ】

※ASKS Windsからのメールが届かない事故が多発しております。

■特に、Gmail、Yahoo!のメールアドレスでございますが、最近、プロバイダー・メールソフトのウイルスメールフィルター誤認識によるメールの不着事故が多発しております。
弊社からの自動応答メールなどが到着した覚えがない場合は、「迷惑メールフォルダ」などのご確認も併せてお願いいたします。

■また、当サイトからのメールは「buy@askswinds.com」より配信いたしますので、下記設定方法を参考に当該アドレスを迷惑メールに振り分けない設定を行ってください。
Yahoo!メールの場合
Infoseekメールの場合
gooメールの場合
Gmailの場合